以前、教育新聞を読んでいたら、お金を借りて返済できずに困っている方が増えてきている…といった記事がありました。

一瞬ドキッ、としてしまいました。なぜなら、私も現在進行中でお金を借りているので。。。まさか教育新聞にこんなリアルタイムな記事が載るとは。

ちょっと気をつけないといけないですね。

という事で、お金を借りる(キャッシング)についてまとめてみました。

 

 

なにかとお得な話の多い低金利キャッシングではありますが、落とし穴もあります。それはキャッシング申込の際に申告する他社からの借入件数が人によっては大きな壁になる場合があるのです。

まず、キャッシングの新規申込の差異には他社からの借入件数を申告する必要があります。他社からの借入件数というと、具体的な貸金業者の名前と借入金額を申告しなくてはならないのです。

そしてその件数を審査の段階で評価し、貸し倒れリスクを算出します。しかし当初の希望額は100万円だったものが、審査の結果で50万円の枠しか用意してもらう事が出来なかったり、最悪の場合新規借入がお断りになる可能性があるのです。

なぜ他社からの借入件数がそこまで重要視されるのでしょうか。

それは消費者金融の場合特に重視される要素に、他社からの借入件数がありますが、その理由として消費者金融の遵守する法律のひとつに利息制限法があり、この法律によると他社からの借入金額が年間収入の3分の1以下に抑えなくてはならず、それを超える融資は法令上禁止されているのです。

またそれを超えた分を融資した場合、万が一返済できずに貸し倒れになった時、合法的に回収する事ができなくなります。従って消費者金融のキャッシング審査担当者は借入件数を必要以上に重視するのです。

いくら低金利だったとしても法律という意外な壁にぶち当たる事になるのです。申込は合理的に出来たとしても実際に融資に辿り着けるかどうかは、人によって難しい場合があります。

 

借入には日割りで高い利息がつく

低金利キャッシングの最も恐ろしいところは金利です。低金利だから毎月の返済金額も負担が軽く、またダイナミックな資金用途に使用する事ができますので大きなメリットがあるように思えます。

しかしこの低金利で毎月の支払金額の利息負担が軽くなる事こそが、一番の落とし穴なのです。低金利キャッシングや低金利のカードローンは、枠も大きく利便性と合理性に富んでいます。

ちなみに、収入のない専業主婦の方でも借入することも可能です。

また月々の金利負担も軽いため、つい使い過ぎてしまう場合があるのです。いくら低金利とはいえ、元金が大きくなればそれなりの金利が発生します。

元金200万円のキャッシング残高で金利3%だったとしても、金利だけで5000円もの負担を強いられる事になります。

毎月元金の返済3万円だったとしたら、35000円の返済が必要になります。そして年間で換算すると金利負担分だけで6万円もの金利を支払うことになります。

さらに返済期間10年だったとしたら金利負担額は数十万円規模になるでしょう。このように借入金額には日割りの金利が発生し、その金利含めた元金を毎月返済していく必要があるのです。

低金利で枠も余裕があるからといって大きな気持になっていると、思わぬところに落とし穴があります。

そしてその落とし穴にはまってしまうと、いくら低金利のキャッシングとはいえ、返済できないくらいの元金になっている場合があるのです。

どんな時もそうですが、借入するなら感情揺らぐことなく、冷静で計画的な利用が何よりも大事なのです。