総量規制とは、2010年に改定された貸金法により制定された規制のひとつであります。これは、消費者金融やクレジット会社、その個人に対する貸付額が個人総収入の3分の1を超えない範囲でしか融資が出来ないということです。

この総量規制が制定されるまでは消費者金融は個人に対した額の融資を受け付けていましたが、この総量規制により多額の貸付が出来ないため、いわゆる貸し倒れという現象が起きました。

この貸し倒れとは、個人に貸付をしすぎてしまった分、消費者金融各社は債権を回収する事が出来なくなることとをさします。この結果、多くの消費者金融、特に小さな金融会社は倒産していきました。

一方で、大手は素早くこの総量規制に対応したので今でも生き残っているのです。一方で、その総量規制に該当しないケースもあるのです。それが、カードローンなどに見られる総量規制対象外商品です。

これがなぜ総量規制に当てはまらないかといいますと、銀行が母体となる個人への貸付は、総量規制の対象ではないとその規正法で謳っているのです。それで今はカードローンに注目が集まっているのです。

この総量規制のおかげで、消費者金融からたくさんお金を借りなくても済むようになり、いわゆる借り倒れも防ぐ事が出来るようになったのです。これなら安心してキャッシングの申込もできますよね。

これが総量規制といわれる新しい規制のないようです。これを知っているだけでも金融商品に対する意識が変わると思いますよ。

では、どこの消費者金融からお金を借りるのがいいのか?

こちらのサイト⇒<消費者金融どこがいい>では、おすすめの消費者金融を紹介しているので、お金を借りる時は参考にしてみるといいですよ。

今度は返済方法で各社が採用しているスライド式リボルビング払いについて見ていきましょう。このスライド式リボルビング方式とは、返済額が毎月変わります。例えば1ヶ月に50万から100万使ってなら返済額は25000円といったように、毎月の返済額が閉め日ごとに設定されるのです。

もちろん融資金が増えれば、それにスライドして料金も上がるのです。しかもリボルビング払いには手数料が発生します。それに付随して、金利なども加算され、返済までの時間が長くなるのです。返済に困っている人はこの利息や手数料にばかり追われて元本までたどり着かないのです。

だから身の丈にあった金額を借りましょうといっているのです。特にカードローンなどではその金額が高額あるがゆえ、返済金も毎月の金額はかなり大きなものとなるでしょう。その反面、借入金が小額であれば金利や手数料も余りかかってこずに返済までスムーズに終わるのです。

これがスライド式リボルビング払いのメリットとデメリットです。お金がいるからといって、これを知らないでどんどん借りてしまうと、後で大きな金額が返済額として計上されてきますので要注意です。何事も程々が一番。

借りすぎにはくれぐれも気をつけてください。そのときの用事が終わったら残った分だけでも返済に充てたり出来るのです。そうすれば、この支払金もかなり軽減するでしょう。スライド式リボルビング払いのこと、分かっていただけましたでしょうか?これもよく頭に入れておいたほうがいいと思います。

では次はクレジットカードについて見ていきましょう。どうすればキャッシング機能が追加されるのでしょうか?まずはそのカード会社のカスタマーセンターに連絡します。そしてキャッシング機能をつけて欲しい旨を伝えるのです。

今はインターネットからでも簡単に機能追加が出来るようになりました。あなたは24時間いつでもお手持ちのクレジットカードにキャッシング機能をつける事が出来るのです。もちろん所定の審査は入りますが、基本は即日に機能追加となると見ていいでしょう。

キャッシング機能がついたクレジットカードさえ持っていれば鬼に金棒。お金が要るときにも素早く引き出す事が出来るようになるのです。これは便利ですね。すぐに必要なときは電話が一番早いでしょう。クレジットカードはショッピングのためだけにあるわけでは無いのです。

消費者金融同様に、小口の融資も専門の部署があり、対応してくれているのです。この2つが兼ねそろったカードを持っていればきっとあなたの生活も潤うに決まっています。急にお金が要るようなるケースはたくさんの場面であるでしょう。

そんなときも慌てないでください。あなたのクレジットカードにはキャッシング機能を申込んでおいたおかげで、いつでもお金が引き出せるのですから。簡単ステップでキャッシングの申込ができるのがクレジットカードのメリットでもあります。なぜ出来るのか。それはクレジットの審査にあなたは既に受かっているからなのです。